キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 応募要件だけでは見えてこない現実。 : ココロを掴むCRAの求人ナビ

応募要件だけでは見えてこない現実。

ココロを掴むCRAの求人ナビ

ココロを掴むCRAの求人ナビのmainイメージ

応募要件だけでは見えてこない現実。

CRAの仕事には、医療機関(治験実施施設)から治験の了承を取り付け、訪問をして実際に治験を実施し、医師や現場の治験責任者からCRFを回収するといった一連の業務があります。

自分がCRAとして現場に臨むと同時に、治験が適切に行われているかどうかを厳格に調査・確認する業務がCRAの責任として課せられます。

ここで忘れてはならない自分の立場は、つねに適正であり中立であり、患者さんの意志を最優先に尊重しているかといった点です。

CRAの基本中の基本といえます。

またある意味においては治験を実施する医師を監視するといった役回りになりますから、CRAの自分と医師との関係がうまく円滑に保てるようなコミュニケーション能力が大事になります。

どんな企業に就職しても、たとえば自分の上役を監視するような役割というのはむずかしいものです。

しかもCRAの臨床現場では、医師や治験の責任者が絶対的な権限をもっています。

さらに相手は協力者であり、お得意様のような存在です。

求人に応募したときには、そのようなことくらいは理解しているつもりでも、実際に現場に入ってしまうと、そうした板挟み状態から、かなりのストレスにさらされることもあります。

転職者であって、ある意味でCRAに関係した経験者なら問題ないでしょうが、CRAや医療現場の経験が薄い新人には辛い環境です。

CRAは技師であると同時に、製薬メーカーと患者さんと医師の仲をとりもつコーディネーターであり営業マン、営業レディであると割り切りましょう。

求人の仲介企業にもよりますが、求人に応募した際には、そうした事例をもとに心得を教えてくれると思います。

CRA求人情報はたくさんありますが、応募要件だけでは読み取れない現実のほうがほとんどです。

ある意味では覚悟を決めて、治験コーディネーターとしての役割を果たし、キャリアを積むことに意識を集中すべきです。