キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 CRA未経験者可、チャンス到来。 : ココロを掴むCRAの求人ナビ

CRA未経験者可、チャンス到来。

ココロを掴むCRAの求人ナビ

ココロを掴むCRAの求人ナビのmainイメージ

CRA未経験者可、チャンス到来。

CRAの求人事情が、最近になって少し変化してきているようです。

CRAの経験者を優遇する求人から、むしろ未経験者を採用する流れが強まっているという現実です。

その背景には何があるかというと、CRAに関連した臨床現場の経験者の数が“慢性的に不足している”という点です。

かつては製薬会社が治験のすべてを取り仕切り、MRやCRAの育成までを一貫して行っていましたが、GCPが改正されてからは治験のアウトソーシング化が急速に進行し、多くのCRA求人広告や求人専門のサイトが立ち上がりました。

ある意味において製薬メーカーが独占的に行ってきた領域の規制緩和によって、CRA人材の流動化が起こったと言って良いでしょう。

CRA人材の求人・応募窓口が広くなったことで、応募者にとっては売り手市場となりましたが、治験の臨床現場からするとCRA人材の確保(治験環境に必要な絶対数)がそれだけむずかしくなり、臨床現場に支障をきたすような状況がつづいているということです。

CRA人材は非常に専門性の高い職種ですから、人材育成は一朝一夕にはすすみません。

そこでCRO(臨床開発業務の受託機関)は、市場の停滞や混乱を低減させる策として、CRAの未経験者求人・採用に舵を切ったというわけです。

これまでCRAの現場に未経験者が入って素人からキャリアを積んでいくことは至難のワザでしたが、風向きが変わって新人OKの現在なら、未経験者にとって大きなチャンスです。

“狭くて遠い門戸だったCRA”を、この時期ならくぐり抜けることができます。

求人にある応募要件をみると未経験者歓迎とか、未経験者可といった求人広告がよくあります。

給与や年収が良く、勤務地なども選べるようになっています。

チャレンジしてみましょう。

可能性は大です。

参考記事-->【http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000008738.html